【お茶に合うお水】軟水?硬水?お茶におすすめの水を考察

ダイエット茶や健康茶の効果を実感するための最大のポイントは、一定期間にわたって継続的に飲み続けること。

どんなに効果のあるダイエット茶や健康茶でも、数日や数週間では思ったような効果は実感できません。

そもそもお茶は健康機能食品といえますが薬ではありませんからね。

飲み続けることで徐々に体質を改善し、ダイエット効果や健康増進の効果が発揮されるのです。

そんな意味でも、長続きできるかどうかを左右するのが、選ぶお茶の種類やお茶の味ですね。

お茶の種類は少量ずつ購入し効果や風味が自分にあった商品を選ぶとして、問題はお茶の味です。

煎れ方もありますが、大切なのは利用するお水。お茶にあったふさわしいお水かどうかがポイントとなります。

お茶に合うお水の種類とは?

まず最初に、もっとも身近なお水である水道水についてお伝えしておきます。

皆さんが日常生活で利用している水道水でお茶を入れる方も多いかと思いますが、そもそも水道水は残念ながら純度100%の水とはいえません。

水道水には地中のミネラル類や不純物、そして消毒用の塩素などの化学物質が含まれています。もちろん沸騰させることでカルキ臭さを取り除くこともできますが、残念ながらお茶に適したお水とはいえないのが実情です。

お茶に適したお水とは、不純物や化学物質が含まれていないお水、変なニオイや味のしないお水だということは言うまでもありません。

お茶に合う水の硬度とは?

よくお水の種類を分けるシチュエーションで軟水や硬水といった言葉を耳にしますね。

では実際のところ、お茶を美味しく入れることのできるお水は軟水と硬水のどちらなのでしょうか?

もしかしたら軟水と硬水の分け方や違いが曖昧な方もいるかもしれませんので、ひとまず軟水と硬水の違いを簡単にご説明しておきます。

お水にはカルシウムやマグネシウムをはじめ、様々なミネラル類が含有されています。一般的にカルシウムが多いお水は甘みが強く、逆にマグネシウムが増えると苦味が強いお水だといわれています。

このカルシウムやマグネシウム等のミネラル類がどの程度含まれているかを数値化したものが水の硬度といえます。

参考までに欧米や中国といった地域は、比較的ミネラル類の多い硬水で、日本は硬度の低い軟水だといわれていますね。

戻ります。

お茶を美味しくいれるには硬水と軟水のどちらがベターなのかといわれた場合、一般的には100mlあたりのお水に含まれるミネラル類が150mg以下の軟水がふさわしいとされています。

一般的な日本の水道水の硬度が100mg以下という状況をみても、不純物や化学物質の問題は別として非常にお茶にふさわしいお水だと考えても良いかもしれません。

お茶にふさわしいお水を準備するには

では具体的にお茶を美味しくいれるために、どうやってお水を準備すればよいのでしょうか?

もっとも手軽でコスパの良い方法ならば、水道水を沸騰させて塩素のニオイを飛ばしてから使用する方法。

高性能な浄水器をお持ちの方もいるかもしれませんが、カルキ臭さや塩素の独特なニオイを飛ばすには一度沸騰させた方が確実に美味しくお茶をいれることができます。

また硬度の高めのお水の場合でも、一度沸騰させることで水に溶けていたミネラル類が沈殿し、結果として軟水に近づけることができます。それだけ苦味の少ない飲みやすいお茶になるはずです。

ミネラルウォーターなら国内産がお茶に適している

またミネラルウォーターを常備している方は、ミネラルウォーターを用いてお茶を入れた方が間違いなくお茶のもつ本来の味を実感できるはずです。

ただし注目すべき部分もあります。

硬水と軟水について上述したように、硬水のミネラルウォーターを使用してしまうとミネラル類の味が強く感じられる上、お茶のもつ本来の色や風味も損なわれる場合もでてくるかもしれません。

ミネラルウォーターのパッケージには必ず硬度が記載されています。

有名な商品ではエビアンやヴィッテル、ペリエといったヨーロッパ系のミネラルウォーターはカルシウムやマグネシウムの多い硬水と「考えてもらって差し支えありません。

逆に南アルプスの~といった商品、。六甲の美味しい~とよばれる国内産のミネラルウォーターは軟水と考えても問題ありません。

美味しいお茶の葉を用意して、お茶に合ったお水で煎れる・・・ぜひ当ページでご紹介した内容を参考に、毎日のダイエット茶を煎れて違いを実感してみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする