【男性痩せるお茶】脂肪燃焼と脂肪ブロックがカギ!男性ダイエット茶まとめ

一般的に基礎代謝が女性にくらべて高いといわれる男性。

本来は女性よりも太りづらい体質なはずですが、食事内容や摂取カロリーに無頓着な方が多いようです。

結果、好き放題、食べたり飲んだりした結果、気がついたらメタボに…というケースが多いようです。

とくに35歳~40歳くらいになると、体質が変わったかのようにお腹がポッコリ・・・なんて人多いはず。

まず手始めに、摂取カロリーに気を配りつつ効率よく体脂肪を燃焼させることから始めるといいですね。

とりあえず脂肪燃焼効果の高いダイエット茶を取り入れてみてはどうでしょうか?

また女性にくらべ男性ホルモンの関係上、皮下脂肪よりも内臓脂肪がつきやすいというのも男性の肥満の特徴。

ポイントは脂肪燃焼効率を上げる事と内臓脂肪を落とす事となります。

そこで今回は男性のダイエットに有効なお茶についてまとめておきます。

お茶だけでは痩せるのは大変!適度な運動と摂取カロリーを把握することがポイント

当サイトを訪れてくれたユーザーさんの中には、「この肥満体型をなんとかダイエット茶で…」と考えている方もいるかもしれませんが、残念ながら時間をかけて出来上がったメタボ体型、そう簡単には解消できません。

もちろん毎日の食生活を見直して、タンパク質、脂質、炭水化物をバランス良く摂取することも大切ですが、これ以上無駄に糖質や脂質を吸収しないようにブロックすることも肝心です。

そのためには、ダイエット茶やダイエットティーの中でも脂肪吸収をブロックする働きの強いお茶を取り入れてみてはどうでしょうか? 代表的な脂肪吸収をブロックできるお茶として、以下に烏龍茶とプーアール茶についてご紹介しておきます。

烏龍茶

半発酵茶を代表する烏龍茶、日本においてもっとも有名かつ飲まれているダイエット茶のひとつといえるかもしれません。

これは烏龍茶のもつポリフェノール(烏龍茶重合ポリフェノール)の働きによって、体内に摂取された脂肪を吸収せずに、余分な脂肪をそのまま体外に排出してしまうためだといわれています。

また、最近テレビCM等でも耳にする機会の多い「高濃度茶カテキン」も脂肪を分解し燃焼しやすくする働きが大きいといわれています。

プーアール茶

こちらも烏龍茶と並び、日本においてダイエット茶として一躍有名になったお茶といえるプーアール茶。
黒麹菌のよって、多少のカビ臭さのあるプーアール茶ですが、味はまろやかで美味しいお茶の一種としても中国でも人気のお茶です。

新陳代謝を促進する働き、利用促進効果もあるため、基礎代謝アップや不要な水分の排出効果も期待できます。

プーアール茶特有のくさみのある味が、意外と料理にも合うため、食事の前後、食事中にもお勧めできるお茶といえます。

男性のダイエットはお茶だけでは痩せない!

男性型の肥満の特徴といえば、お腹まわりのお肉ではないでしょうか?

これは主に内臓脂肪で構成されているため、放置しておけばメタボだけでは済まされません。糖尿病や血栓症の原因にもなる危険な状態の一歩手前なのです。

とはいえ、女性の肥満にみられる皮下脂肪型の肥満よりも落とすのも簡単ともいわれています。つきやすいだけに落としやすい…というのが男性型の内臓脂肪の特徴なのです。

まずは食事内容や摂取カロリーを把握しておくことが肝心。

食事の内容や栄養バランス、摂取カロリーに無頓着な男性の場合、自分がどれだけのカロリーを摂取しているかを把握することで、自然と摂取カロリーや栄養バランスにも意識が向き、結果としてダイエット効果が現れるケースが多いようです。

一時期、流行したレコーディング・ダイエットのように、毎食の食事の内容や摂取カロリーを記録するといった方法も意識を改革する上で非常に効果のある方法といえるかもしれませんね。

毎食のバランスも考える

男性のダイエットでもっとも注意しておきたいことが、空腹時からのドカ食いです。

中には朝食を抜いて昼食も軽め…しかし夕食にはドカ食い!といった男性も多いかもしれませんが、そういった毎食のバランスが悪いのも肥満の原因となってきます。

血糖値の上昇をコントロールする意味でも、毎食ごとにバランス良く摂取するのが大切なのです。

仕事の都合上、どうしても食事を抜いてしまいがちな方は、間食でも構いませんから、栄養価の高い食品をしっかりと摂取して補っておきましょう。

男性が痩せるために必要な運動とは?

お腹まわりの気になる内臓脂肪を燃焼させたいならば、最低限の運動も必要となってきます。

男性のダイエットの場合は、基礎代謝アップのための筋力トレーニングよりも、ゆっくりと負担の低い有酸素運動が非常に効果的です。

内臓脂肪は有酸素運動で燃焼しやすい脂肪です。

負荷の大きなランニングでは内臓脂肪の前に全身の筋肉に蓄えてあるグリコーゲンや血液中ブドウ糖が消費されてしまうので、できるだけ速度の遅いスロージョグやウォーキングといった有酸素運動がおすすめですね。

もちろん運動前にもダイエット茶や健康茶を摂取するのも忘れずに。

カフェインを多く含む緑茶のようなお茶は、グリコーゲンよりも体脂肪を優先的に燃焼させる働きがある成分。同じ運動量でも効率的にダイエットの効果を実感できるはずです。

ぜひ有酸素運動プラス緑茶習慣で、生活習慣病を徹底的に予防し、健康な50代、60代を迎えてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする