【お茶で脂肪燃焼】痩せるお茶で体脂肪を減らす!脂肪を燃やそう!

一般的に痩せるお茶、ダイエット茶とよばれるお茶にも様々なタイプがありますが、その効果から大きく2つに分類できることができます。それが

  1. 整腸作用によって胃腸の働きを活発化させる
  2. 脂肪の吸収をおさえ、燃焼させる

という2つの効果。この両者をバランスよく配合しているのが理想の痩せるお茶といえるでしょう。

今回は体脂肪を燃焼させるダイエット茶についてまとめてみました。

メタボ解消なら脂肪燃焼に特化したお茶も!

まずひとつ目の効果。

お茶のもつ整腸作用によって胃腸の働きを活発化させ、便秘症や便秘気味の方を快便の方向へ促すタイプの痩せるお茶。

男性に多くみられる内臓脂肪型の肥満というよりも、女性に多くみられるポッコリお腹のタイプにお勧めの痩せるお茶といえますね。

そしてもう一つが、脂肪の吸収をおさえ、取り込まれた脂肪を効率よく燃焼させるタイプの痩せるお茶。

毎日の食生活で過剰に摂ってしまいがちな脂質や糖質を、ブロックしたり効率的に燃焼させるのが主な働きといえます。

つまり、自分の肥満のタイプによって飲むべきお茶は違う!ということになります。

例えば、内臓脂肪型の肥満に悩む中年男性にとって飲むべき痩せるお茶は、脂肪燃焼の効率をアップさせるお茶で、整腸作用の高いお茶ではダイエット効果は期待できない…ということ。

逆に便秘気味のポッコリお腹に悩む20代の女性にとって必要なことは、脂肪燃焼効率の高いお茶でなく、整腸作用の高いお茶で新陳代謝を上げて快便を促進させること。

自分の肥満のタイプと痩せるお茶の効果がマッチしていないと本来のダイエット効果は期待できないのです。

ポッコリお腹型の肥満を解消するお茶って?

では、女性に多くみられる便秘気味、ポッコリお腹による肥満に効果のあるお茶についてご説明します。

そもそもポッコリお腹や便秘の原因は、食生活の乱れや抱え込んだストレスといった様々な要因が関係していますが、往々にして胃腸の働きが衰えていることに帰結します。

つまり胃腸が正常に機能していないのですね。

中には下剤や便秘薬によって強制的に排出させようと考える方もいますが、薬の効果で無理に排出することは自力で排出させる力を低下させてしまいます。

そのため、徐々に下剤や便秘薬の効果がうすれ、最終的には下剤や便秘薬を利用しても解決できない状況につながる恐れもあるのでお勧めできません。

皆さん勘違いされがちですが、大切なのは排出すること…ではなく、胃腸の機能を正常化させることなのです。

そこで薬と違い副作用もなく安心して飲める整腸作用の高いダイエット茶がお勧めです。

新陳代謝をあげて胃腸を正常化させよう!

代表的なお茶としてはマメ科のエビスグサを原料としているはぶ茶や、リンゴの果実を紅茶にブレンドしたアップルティー、アロエの葉を煮だして入れるアロエ茶などが有名です。

長期間の便秘や慢性的なポッコリお腹の方は、本来は体外に排出されるべき毒素も溜め込んでいる状態ともいえます。

体調によっては、普段ではかからないような病気にかかったり、食欲不振や倦怠感…といった症状を引き起こすケースも少なくありません。

下剤や便秘薬にたよらず、痩せるお茶のもつ整腸作用によって根本的な解決を図りたいものですね。

脂肪燃焼の効率を上げるお茶とは?

一方、内臓脂肪や皮下脂肪型の肥満に悩む方におすすめの痩せるお茶といえば、脂肪燃焼の効率をアップさせるお茶です。

脂肪燃焼効率というのは、簡単にいってしまえば同じ運動によって消費される体脂肪の割合を増やす…ということになります。

例えばダイエット目的のため、一定時間の有酸素運動を行なう場合を考えてみましょう。

脂肪燃焼の効率が低い状態だと、まず体脂肪の前に血液中のグリコーゲンやブドウ糖を燃焼し始めます。もちろん体脂肪も燃焼してエネルギーとなりますが、グリコーゲンが優先的に燃焼されるといわれています。

しかし脂肪燃焼の効率が高い状態の場合、血液中のグリコーゲンやブドウ糖の有無にかかわらず優先的に体脂肪を燃焼し始めます。

つまり体への負担の大きいハードな筋トレや長時間の有酸素運動をせずとも、効率よく体脂肪を燃焼しやすくなるのです。

カフェインと烏龍茶ポリフェノールが効く

主に不発酵茶の代表といえる緑茶に多く含まれるカフェインが、脂肪燃焼の効率を上げる効果が期待できます。

カフェインは覚醒作用もあるので休憩時の飲み物といったイメージがありますが、実は運動前の一杯の緑茶には大きなダイエット効果があるのでお勧めです。

また脂肪燃焼とは微妙に違いますが「脂肪の分解」という部分では、半発酵茶の烏龍茶が有名です。最近ではトクホの黒烏龍茶等も話題なので目にする方も多いはず。

これは烏龍茶のもつ烏龍茶ポリフェノールとよばれる成分のため。

烏龍茶に含まれる独自の烏龍茶ポリフェノールは、体内の脂肪分解酵素を活発化させ、中性脂肪やコレステロールの分解を促進させるためだといわれています。

緑茶のもつカフェインは脂肪燃焼をサポートし、烏龍茶のもつ烏龍茶ポリフェノールが体内で余分な中性脂肪を分解させるのです。

以上、お茶のもつ脂肪燃焼効果についてまとめてみました。

ぜひ当サイトの商品を参考に、自分に合ったダイエット茶を探し出してみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする