【痩せるお茶の副作用】ダイエット茶の過剰摂取による健康リスクまとめ

さまざまな健康効果が期待できるダイエット茶や痩せるお茶の数々。薬と違い副作用が無いという部分も愛用者が多い理由です。

しかしまったくの副作用が無い…というワケではありません。

目的や自分の体調に合わせて適量を飲む分には副作用が生じる可能性はありませんが、

  • 早くダイエット効果を感じたいからと、短期間で一気に飲み過ぎる
  • 過剰に濃く抽出したお茶を飲み続ける

となれば、少なからず副作用は生じるはず。

痩せるお茶やダイエット茶にかぎらず、お茶の健康効果は適量を守って長期間にわたって飲み続けること。

常識の範囲内で飲み続けるかぎり、副作用が生じるお茶はありませんのでご安心下さい。

副作用のリスクを考えて体調をみならが飲む!

痩せるお茶、ダイエット茶による副作用を考えた場合、もっとも可能性の高い副作用といえば下痢症状かもしれません。

こちらの記事、でも痩せるお茶の種類について解説していますが、大きく分けて痩せるお茶、ダイエット茶は2つに分けることができます。

大きく脂肪燃焼効率アップ脂肪分解の促進を目的としたお茶と、新陳代謝を上げて腸内環境を整えて胃腸を正常化させるお茶

この整腸作用の高いお茶を短期間で過剰に摂取した場合、少なからず下痢症状を引き起こすのは言うまでもありません。

お茶といえども、最近のダイエット茶の中には薬に匹敵する整腸作用があるのでは…というほど効果のあるお茶も見受けられます。そういったダイエット茶の場合は入れ方や飲み方にはとくに注意が必要でしょう。

当然ですが、お茶の成分に対する反応も人それぞれ。効果のでやすい方と出にくい方もいますので、まずは数日飲んでみて、体調と相談してから継続する方が良いかもしれません。

覚醒作用によって興奮状態、寝つけない場合も!

副作用というと少々大袈裟かもしれませんが、過剰の緑茶を飲用することでも副作用といえる症状になるケースもあるかもしれません。

高濃度茶カテキンによるダイエット効果にここ数年注目されている緑茶には、茶カテキンと同様にカフェインも多量に含まれています。

半発酵茶の烏龍茶や、発酵茶のプーアール茶等と比較しても、不発酵茶の緑茶にはひときわカフェインが多く含まれています。

上述したように、運動前に摂取することで脂肪燃焼の効率を上げるカフェインですが、ご存知のとおり覚醒作用の強い成分といわています。

1日に2~3杯程度なら問題ありませんが、それ以上の摂取量となれば覚醒作用による興奮状態や夜中まで寝つけない…といった症状を引き起こすことも十分に考えられます。

痩せるお茶、ダイエット茶にかぎらず健康茶全般にいえることですが、短期間に多くのお茶を摂取すれば、その分早くダイエット効果がでるようなものではありません。

また、指定に抽出方法を無視して、濃い目に入れたからといって飲用すれば効果が強くなるようなものでもありません。

正しい入れ方で適量を摂取し、長期間にわたって継続すること。これがダイエット茶や健康茶の効果を最大限に引き出すポイントなのです。

鉄分の過剰摂取による胃腸障害という副作用にも注意

こういったダイエット茶や痩せるお茶の副作用を考えた場合、忘れてはならない副作用といえるのが鉄分の豊富な痩せるお茶を過剰摂取することによる胃腸障害や吐き気といえます。

適量だけ飲み続ければ、非常に健康作用の大きなレモングラスティーやウコン茶、アシタバ茶といった鉄分の豊富なお茶は、鉄分不足による貧血を予防する一方、過剰摂取されると胃腸障害を引き起こします。

これらのお茶にはビタミンB12や各種のミネラル類が豊富なため、痩せ効果やダイエット効果を目的で飲用される方も少なくありませんが、副作用といった面には注意が必要なお茶でもあります。

上手に飲用すれば血行促進や血の巡りをスムーズにし、ヘモグロビンを増やす働きのある上記のお茶ですすが、適量を超えた場合、副作用として嘔吐や下痢、吐き気、最悪な場合は皮膚色素沈着ゆあ肝臓、すい臓系に大きな負担を与えます。

これらが長期的にわたって蓄積された結果、肝硬変や血管疾患といった病気につながる可能性すら考えられます。

もちろんお茶に含まれている成分ですので、薬のような副作用というケースはありませんのでご安心下さい。もちろん短期間でどうこうなる…といった心配はありません。

ですが稀に体質的に合わない方もいるようです。そういった意味でも飲用中に変な違和感や体調の変化があった場合は副作用を疑って一時的に飲用を見合わせる…といった対応も忘れないでおきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする