【40代、50代が痩せるお茶】おすすめのダイエット茶の選び方

20代や30代と比べると基礎代謝も落ちて太りやすい40代~50代、そして60代からのシニア層。

そろそろ生活習慣病の予防をかねてダイエットを始めなければ・・・という方も多いはず。

ただ運動習慣のない方がいきなり運動を始めるの少々リスクが。

というのも関節や筋力も衰え始めています。いきなり負担の大きい運動やハードな筋トレは怪我やカラダの故障につながるので注意しておきたいところですね。

理想的なのは、食生活の見直しによるダイエットを中心に、運動面は軽めの負担の有酸素運動や筋トレによってサブ的に行なう方法。これがもっとも低リスクかつ効果があります。

そんな食生活の見直しを補うためにも、普通の緑茶やほうじ茶をダイエット効果のあるお茶に切り替えるのも効果的ですよ。

今回はそんな痩せにくい40代~50代が上手に痩せるポイントをまとめています。

40代、50代が痩せにくいといわれる理由とは?

さて。巷で痩せにくいといわれる40代や50代ですが、主にどういった理由が大きく関係しているのでしょうか?

40代や50代になるとガクッと痩せにくくなる…この理由は大きく分けて以下の2つの要素が関係しているのです。順に考えてみましょう。

筋力の衰えによる基礎代謝量の低下

中には食事量も減らしているのに痩せるどころか太ってしまった…という40代、50代の方も少なくないようです。

で、痩せにくいといわれるもっとも大きな原因は全身の筋力の衰えだといわれています。

そもそも1日の消費カロリーの大部分を占める基礎代謝(本人の意志とは無関係に、生命維持のために行われる血液の流れや臓器の活動、呼吸などの働き)は、全身の筋肉量に比例するものです。

つまり加齢によって筋肉量が低下することは、そのまま基礎代謝量の低下を意味するのです。

基礎代謝量が低下すれば消費カロリー全体も大幅に低下し、これまでと同じ食事内容によってカロリーを摂取していれば自然と脂肪は蓄積され始めます。

結果、基礎代謝が落ちると人間の体は燃焼効率の良い体脂肪を残し、効率の悪い筋肉中のグリコーゲンやブドウ糖を先に燃焼させエネルギーとします。

つまり基礎代謝が低下すれば痩せにくく太りやすい体質に変化するのです。

成長ホルモンの減少

そしてもう一つの理由といわれているのが、加齢による成長ホルモンの減少です。

成長ホルモンといってもピンとこない方もいるかもしれませんが、成長ホルモンとは代謝にかかわる様々な役割を担う大切なホルモンの一種です。

主に成長ホルモンは脂肪を分解したり肝臓で作られたコレステロールをコントロールし、血中のコレステロールを低下させる働きをもった重要なホルモンといわれています。

中でも脂肪を分解する成長ホルモンが不足してしまうと、主に内臓脂肪が増加しやすく、ウエスト周りやヒップ周りが太く大きくなり、体は疲れやすくなるのも特徴のひとつです。

ちなみに成長ホルモンの量は、10代の思春期の状態を100%と考えた場合、40代で約50%、60代では約30%程度まで減少するようです。

40代、50代、シニア層に効果のあるダイエット法とは?

そんな筋肉の衰えや成長ホルモンの減少によって太りやすい状態の40代、50代の方に提案したいダイエット法が食事内容の見直し。

これまでの食事内容では太りやすい…と感じて食事量を減らしたり、摂取カロリーを制限される方も多いようですが、単純に摂取カロリーを減らしただけでは40代、50代の代のダイエットは効果を実感できません。

下手に食事量を減らしたり、摂取カロリーを制限することで栄養バランスが崩れ、タンパク質や脂質が不足すれば、回り回って基礎代謝の低下を招くでしょう。

年齢的に肉料理や脂っぽい料理を避けてしまいがちですが、適量の肉料理や脂っぽい食事も必要不可欠ともいえます。とにかくバランス良く3大栄養素を摂取することを意識してください。

もちろん肉料理や脂っぽい食事も必要ですが、過剰に摂取すれば肥満のもと。

とくに成長ホルモンの減少した50代以降ともなれば、過剰に摂取した脂質によって溜め込まれた脂肪を排出することも大切ですね。

食事の前後や食事中のお茶をひと工夫してみるのもお勧めです。

食前のお茶によって脂肪をブロックしやすい状態にし、過剰な脂肪を優先的に燃焼させる働きのあるダイエット茶やダイエットティーを習慣化すれば心強いはずですよ。

40代、50代にお勧めの運動面のダイエット法とは?

上述しましたが、20代~30代と違い関節や筋力が衰えはじめる40代や50代、無理な運動や筋トレは怪我や故障の原因となってきます。

負荷の高いトレーニングや心肺機能に負担の大きい有酸素運動も避けておきたいものです。ポイントは低負荷・低負担の運動。

ウォーキングやスロージョグといった負荷の軽い運動、そして毎日継続できる運動がお勧めといえるでしょう。

自己流の筋トレやフィットネスジムでのマシントレーニングも効果が低いどころか、関節に負担が大きく故障の可能性も…。

自宅で自分の体重を利用した簡単なスクワットや体幹トレーニングでも十分にダイエット効果があるものです。気負わないで長期的に継続できる方法を見つけてみましょう。

また、運動前にカフェインを多量に含む、緑茶のようなお茶を一杯飲んでおくだけで、脂肪の燃焼しやすい状態に切り替えることができます。

カフェインを摂取することで、グリコーゲンやブドウ糖よりも体脂肪を優先的に燃焼させることができるので、ぜひウォーキング前に緑茶をお試し下さい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする